エンジンオイル交換 |【BLESS】福岡の城南区・早良区の自動車のオイル交換はブレスへ

福岡の城南区・早良区の自動車販売・板金・塗装・整備・オイル交換・修理・車検・カスタム カー・ドレスアップ・パーツ・中古車・輸入車・外車・国産車

ブレス インターナショナル

HOME > Car > オイル交換

コンセプト Now Push 在庫車 グッズ 通販 ブログ 地図 map アクセス

エンジンオイル交換

オイルマイスターのいるお店

オイルメーカー出身のスタッフが、
数あるオイルの中からあなたの愛車に最適なオイルを選定します。

オイル交換は本当に大事!!
エンジンオイルには下記のような役割があります。

1.潤滑
エンジン内の金属部分に適度な油膜を形成し、金属同士が接触する事によって起こる摩耗を防止して、スムーズなエンジンの動きを助ける役割をしています。

2.密閉作用
シリンダー壁とピストンリングの間をエンジンオイルで満たすことによって、気密性を確保して、エンジンの圧縮漏れを防ぎ、燃料の爆発による動力を無駄なくタイヤに伝えることが出来るようにする役割をしています。

3.冷却作用
エンジン内部で発生した熱を、エンジンオイルが吸収することによってエンジン内部が高温になり過ぎて、オーバーヒートすることを防ぐ役割をしています。

4.洗浄作用
エンジン内部で不完全燃焼や水分の混入などによって生じたスラッヂ(ドロドロした不純物)やススをエンジンオイルが溶かし込み分散させる役割をしています。

5.防錆作用
金属面に油膜を形成し水分などが直接触れないようにして、エンジン内部にサビの発生を防ぐ。

オイル交換を怠ると、様々な故障の原因となり、ひどい場合走れなくなってしまいます。良い状態で長く乗るためにもオイル交換をしましょう!

エンジンオイルの規格

API規格(米国石油協会 America Petroleum Institute)
オイルの缶に「SM」といったアルファベットで表記された規格です。
オイルの品質をあらわす規格です。

規格表示の見方

オイルの品質規格の中でも一番のメジャーな規格です。
オイルの缶に「SL」や「SM」といったアルファベットで表記されているものがAPI規格になります。
規格にはガソリン用 ディーゼル用でそれぞれ存在いたします。
ガソリン用:「S」で始まる表記
SAからSA SB SCとアルファベットが後半になるほど品質が良くなります。
ディーゼル用:「C」で始まる表記
CAからCB CC CDとガソリン車同様にアルファベットの順に後半になるほど品質が良くなっていきます。
SAE規格(米国自動車技術者協会 Society of Automotive Engineers)
オイルの缶に「10W-30」といった数字2つで表記された規格です。
それぞれの数字は、オイルの固さをあらわしています。
それぞれの内容を組み合わせることでオイルを選ぶ際には幅が広がります。

最近の傾向

近年の固さ(粘度)の傾向は「0W-20」といった超低粘度のオイルが主流になってきています。
これは粘性抵抗(摩擦)を減らすことで燃費を向上させることが狙いです。
ベースオイルの種類
1 : ベースオイルの種類
ベースオイルはオイルを製造する時に元となる部分です。
オイルはこのベースオイルに添加剤を調合して製造されます。
オイルの性能を左右する大切なものです。

ベースオイルは
1.化学合成油
2.部分合成油
3.鉱物油
に分類されます。

1.化学合成油

潤滑にもっとも優れた分子を化学的に合成したベースオイル。
PAOやエステルがもっとも多く使用されます。
高温時の耐久性に強く、スラッヂが発生しにくいので省燃費走行からスポーツ走行まで幅広く対応するオイル。
欧州車では、このオイルを指定しているメーカーが多いです。
ロングドレーン対応の車種にも対応しています
交換時期(1年or 1万KM)

2.部分合成油

鉱物油ベースオイルに化学合成油を混合させ鉱物油の金属吸着性と化学合成油の耐久性を両立させたオイル。
一番オールマイティーに使える。
交換時期(6ヵ月or 6000KM)

3.鉱物油

原油の常圧蒸留残油から減圧蒸留留出の溶剤処理、水素化処理、脱ロウなどの複雑な精製行程を経て作られる最もポピュラーなエンジンオイル、スラッヂの発生が多く早めのオイル交換がお勧め。
交換時期(3ヵ月or 3000KM)

コンセプト concept

Now Push ! eject.png

鈑金 板金

塗装

コーティング

カスタム

オイル交換

stock cars 在庫

グッズ販売

ブログ

お問い合わせ

法人企業様

社用車の定期メンテナンス、
整備等お考えの法人企業様はこちらから

米輸入バナー.png